【ラオス】プノンペンからビエンチャンへ 置屋ホテル『ラオンダオ1』で一泊【ビエンチャン】

プノンペンからラオスのビエンチャンへ移動

プノンペン市内から空港まではタクシーで3、40分くらいで一律12ドル。
渋滞をうまく回避しながら向かったのでフライト時間には余裕で間に合いました。

出国審査も自分のレーンは何事もなかったのですが隣では何か揉めていた。
ベトナム、タイでも同じ光景を目にしたが何があったのか正直きになる。

飛行機に乗り込んでからはすぐに眠りにつく。
ベトナム航空なので機内食が出てきたが食べることなく到着してしまった。
若干体調も悪いようだ。

ビエンチャンの空港に着き。
無事入国を済ませる。約10年ぶりのラオス入りだ。

相変わらず首都なのに暗い。
タクシーで市内に向かうがそれでもやはり暗い。
空港から市内までは7万キップ程で30分で到着した。

image

今回泊まったホテルは置屋ホテルで有名な『ラオンダオ1』
1泊2000円程で朝食付き。
中心地からは少し離れているがビエンチャンは移動費がバカ高いので
始めからこういうホテルに泊まるのも一つの手だ。

ホテルに到着したのは
20時頃だったが明らかに中国人客がかなり多く出入りしており
女の子をガンガン連れ出していた。