【祝】ジャカルタって安く遊べるの?【ノービザ】

東南アジアで安く遊べる場所は減ってきている。
カンボジアやラオス、ミャンマー、ベトナムでも年々値上げの傾向にある。
ローカル向けや観光客があまり行かない場所でさえも価格が高騰しており、
インドネシアのジャカルタでも値上げが進んでいるようだ。

しかし、インドネシアの女性には不思議な魅力があり、
毎年通っている日本人は少なくない。
女遊びがメインではなく観光ついでに行く人が多いようで、
特にジャカルタはその傾向が強いように思えた。

ジャカルタで有名な場所はサリアユ辺りだろう。
ジャカルタ駅から近いのでアクセスの良さから人気の置屋街となっている。

相場だが以前は1000円程で遊べたこのインドネシアは現在値上げをして3000円から4000円になった。値上げをしてもこの価格で遊べるのだからインドネシアは素晴らしい。

だが、言い値が10000円と言われるケースも増えてきている。
高いと感じたら最低でも一度は値下げ交渉をおこなおう。
これで一度払ってしまうと余計な値上げに拍車をかけてしまうことになる。

女の子のレベルは、割りかし高めだ。
インドネシア中から出稼ぎに集まる場所なのでそれなりの娘が多い。
しかし、東南アジアでも独特の顔つきをしているので
東南アジアの中でも好き嫌いがハッキリ分かれる。
エスニック系と呼べば良いのだろうか。
インドやバングラなどの南アジア系統の顔つきなのだ。

あとは一応この国はイスラム国になるのだが、
警戒することはない。非常に緩いイスラム国なので気を張って入国するとかなり肩透かしを食らうだろう。

ガチガチのイスラム国なのであればこんなにどうどうと置屋が営業しているはずがないですからね。

今年からノービザで入国できるようになったのでこれからもっと客も増えていくだろう。
客が増えれば稼ぎたい女性たちが国中から集まるのでまた少しずつジャカルタも変わっていくと思います。