【タイ風俗】ローカル向けのゴーゴーバー【スティサン】

ゴーゴーバーと言えば『パッポン』『ナナ』『ソイカウボーイ』がすぐに挙げられるが、こちらははあくまで観光客向けの場所になる。

このスティサンは観光客向けではなく地元向けの場所になり値段も他の場所に比べると少し安い

ローカル向けなので値段は兎も角、姫の質が気になるところだ。
バンコクのローカル置屋に何件か行ってみたが正直言われているほど悪くはなかったので
ここも期待は出来そうだったので調査に行きました。

実は以前に一人で調査しに行き、何も出来ずに返り討ちにあってしまったので
今回は日本語の話せるタイ人を仲間にいれてから向かった。

スティサンの場所は都心から少し離れており、最寄駅はBTSサパーンクワイ駅になるのだが、そこからも離れているのでタクシー等で向かう方が良い。

店の数はあまり多くはなく適当に目のついた店に入ってみましたが、姫の数は多く在籍しており、
姫のレベルは高いとは言えないが、整形していたり化粧を濃くして若造りしている娘が少なく ナナやパッポンに比べて素人っぽさが感じられた。
ローカル向けで垢抜けていない感じの田舎娘と言えば伝わるだろうか。

実際に『学生だ』という娘が数人働いていた。
タイの大学生は日本と同じで幼く見えるのでそっち系が好きな人にはたまらない。
また若い娘だけではなく30〜40代の方もいるので年上好きにも良いエリアで
幅も広く色々楽しめた

店内は確かに観光客は少なかったが、白人や日本人をチラホラ見かけた。
有名なローカルエリアだけあって穴場的な場所になっており、
英語が通じないケースが多かった。

店に来てからまだ3日目と言う娘を席につけたが会話が一切出来なくて困ったが、
指差し会話帳を持っていたので活用し、何とか連れ帰ることが出来た。
部屋でも指差し会話帳と簡単な英単語のみでどうにかなったので気を張る必要はない。

ここスティサンも店によってジャンル分けされているようで店によって若い娘が揃っていたりするので何件かチェックをしてから本命を見つけた方が良い。

ただし、ローカルなだけあって地元のタイ人が多く結構酔っ払いが多いので敵はタイ人になる。店の娘を口説きまくっているタイ人が多くて面白いのだが絡まれないように注意しよう。

相場も持ち帰り場合、ショートで1300B

ロングも女の子によるが
聞いた話だと2000〜3000B

今回調査してみて思ったことは場所が少し悪いが行く価値はある。
周辺に連れ込み可能なホテルもいくつかあるので自分の滞在しているホテルに連れ込むより、近辺のホテルを利用したほうが良い

『ナナ』や『パッポン』等と少し空気が違うのでその辺に飽きた人には楽しめると思います。