【シンガポール】昼のゲイラン夜のゲイラン

東南アジアの美女が出稼ぎで集まる場所がシンガポールだ。

IMG_2405

IMG_2401

タイ、マカオの風俗で遊んでいる時に
『みんなシンガポールで稼ぎに行っている』と店員や姫が口を揃えて答えていた。
タイで言われるのはわかるのだがマカオでこの話を聞いたときは驚いたが、
マカオの現状からは仕方がないのだろう。

シンガポールといえばゲイランが有名で
昼は置屋、夜は立ちんぼと昼と夜で遊び方が変わる面白い場所だ。
ゲイランは政府公認の風俗地帯なので置屋で警察に怯えることなく遊べる。

IMG_2317

ゲイランにはいくつもの通りがあり、通りごとにいくつもの置屋がある。
さらに店ごとにもタイ系専門だったり、中国やインド系専門と分かれており値段も違う

今回ゲイランに宿を構えて調査をしてきましたが、どの店も平均レベルは高かった
また置屋といってもどの店もホットシャワーと綺麗なベットが完備されているので
安心して遊ぶことが出来る

IMG_2312

ただし、稼いでいる娘が多いせいか整形している娘が多く見られたので少し残念です。

店がかなりあるので混んでいると言うことはないが値段が店によって大分差があります。
一番安い店で50Sドルから高い店だと150〜200Sドルでこれは出身国によって変わってくる。

タイ人は50〜100Sドル
中国人は100〜150Sドルといった感じだ。

次に夜の立ちんぼを調査しましたが、衝撃的だった。

IMG_2412

IMG_2413

ゲイランの暗い裏道に100人程わらわらと立っている風景は圧巻でした。
年末の飲み会帰りの新宿のような感じで売春婦が話しながら立っているので初めはこれが立ちんぼだと気がつかなかった程です。

置屋と同じように通りごとに国が違うようで
確認が出来たのは中国系(中国、香港、シンガポール)、東南アジア系(タイ、ベトナム)、インド系(インド、インドネシア、スリランカ)とかなり豊富です。
噂では白人もいるようでしたが確認は出来なかった。

相場も20〜150Sドルとピンキリで一番安いのはインド系でした。
インド系はあまり見かけませんでしたが、多かったのは中国系と東南アジア系です。

中国系のレベルはあまり高くはありませんでしたが、東南アジア系は綺麗な感じの娘が多かったです。

しかし、
注意点がありゲイランは置屋は政府から認められていますがその他は一切認められていないので摘発があります。
日によっては全く居ないこともあり誰も居ない夜のゲイランはただ暗いだけなので寂しいと言うかむしろ怖いのでご注意ください。

【ゲイラン 国別料金相場表】

インド・インドネシア 20〜50シンガポールドル(1800〜4600円)
タイ・ベトナム   50〜60シンガポールドル(4600〜5400円)
中国       50〜100シンガポールドル(4600〜10000円)
LB         30〜80シンガポールドル(2700〜7000円)