【タイ風俗】ナナプラザで行っておきたい店!【ゴーゴーバーの聖地】

S__7028745

タイ風俗の代名詞と言える『ゴーゴーバー』

水着で踊るタイガールをビールを飲みながら選ぶ最高の夜遊びだ。
気に入った娘が居ればそのままお持ち帰りが出来る素敵な場所。
今回はナナプラザを調査してきました。

有名な店だとギャル系が揃う『レインボー』綺麗なLBが揃う『オブセッション』
店によって揃っている女の子のジャンルが違うので好みの店に入るのが定番。

自分の好みを見つけ、口説く事も省いて1晩の相手を選べるのがこの『ゴーゴーバー』の良いところ。お金の面も日本と比較しても安く遊ぶことができる。
女の子と少し話すだけで持ち帰ることができるのでハードルは低く、女の子のレベルは高い。タイへ年間大勢の日本人が足を運んでいることも頷ける。

女の子達も基本買われる事が目当てなのでノリは良く愛想も良い。
日本の風俗ではまずない環境でこの雰囲気はタイでしか味わえないので
一生に一度は訪れていただきたい場所でもある。

あわせてナナ周辺の立ちんぼもチェックしてきました。

ナナ周辺ではかなりの数の立ちんぼ達が確認できた。
タイ人から、フィリピン、白人、黒人、アラブ系と色々揃っており、
値段もショート1000Bからとゴーゴーバーより安く遊べる

相手も日本人客が多いのか日本語が話せる立ちんぼも居て驚いた
しかし、美人系はあまり見かけることはない。
ある程度の妥協が必要かもしれないが、黒人は抱いてみる価値はあり。
ナナ周辺で確認できた黒人は5人。
路上のバーによく出没し、その中に1人だけスタイルの良い黒人がいます。

ナナプラザで遊ぶ場合、ナナプラザ内の簡易ホテルか自分の泊まっているホテルに連れ込むかの2択になるのだが、簡易ホテルの場合は300B程で2時間利用が可能。
部屋にはエアコンとホットシャワーも付いているので利用価値は高い。

ロングで楽しむ場合は自室に連れ込む必要が出てくるので、
ホテルがJF(連れ込み料)が発生するかしないかの確認は必ずしておこう。

また、ナナ周辺にはJF料が発生しない宿が700B程からあるので
こちらを利用するのもコスパ的には良い。
また、ナナプラザの目の前にはJWマリオットがあるので広く綺麗な部屋で楽しむ場合はこちらを利用するのも良い。オススメです。

だが、注意点もある。

本来であればナナプラザには日本人観光客がわらわらと集まってくるのだが、店員に話を聞いたところ日本人客はかなり減少しているようだ。

全く居ないというわけではないが、確かに日本人客は少なかったように見える。
客の減少と比例するように女の子の数も減ったというのがナナプラザの現状だった。

気になる女の子のレベルは可愛い娘はいるが、日と店によって大分差がある。
『この店に行けば間違いない』と言う店に行っても、常に可愛い女の子がいるとは限らないのだ。

しかし、日本人御用達の店ではまあ結構揃っているのでピンポイントでそこを攻める方が良い。
ナナプラザの有名店では日本人客目当てで大型連休に合わせ女の子を入れているようだ。

また、
相場も少しずつ上昇しているようで、今現在の平均がショートで2000〜2500B。5年ほど前は1500〜2000Bだったようで500B程値上げが進んでいる。

それでも日本で遊ぶよりだいぶ安く済むのでこれ以上値上げが進む前に遊びに行った方がよいだろう。

ナナプラザのオススメ店舗紹介

『レインボー2』

S__9748482

ここに来たら必ずチェックおきたい店だ。
オススメはナナプラザに入って突き当たって右側にある
『レインボー2』の1軍はかなりレベルが高いのだが
揃っている日は限られている。
週末や日本人の連休が始まるとレベルの高い女の子が集まるようだ 。

価格はビール、ソフトドリンク共に155B(550円)

連れ出し料:600B(2000円)
ショート:2000~2500B(7000~9000円)
ロング:3000~5000B(10000~18000円)

若くて細いギャル系を好む方には絶大な人気を誇る『レインボー』ですが、
日によって女の子が少なかったりする場合もあるので注意が必要。
『早く女の子を指名しろ』『早く連れて行け』的な催促があまりないので
個人的には好きなのですが、他の人の話を聞くとそうでもなさそう••••••。

しかし、女の子は丁寧かつ優しい子が多く『ドリンクだけでもOK』な対応をしてくれる

店の中はかなり広いのだが、GWや大型連休中になると
この広いフロアがほぼ日本人で埋め尽くされる事もしばしある。

『レインボー3』

Exif_JPEG_422

ゴーゴーバーでタバコが吸える店はここのみとなるので
喫煙者にはありがたい店になる。

2015年7月現在では女の子のレベルは低く客入りも少なかった。
だが日本人からの評価は高いのでナナプラザに行った際はチェックしておくと良い。
常に変化しているナナプラザなのでトップクラスに化けることも考えられる。

価格は、
連れ出し料:600B(2000円)
2000~2500B(7000~9000円)

ロングは交渉次第で女の子による。

ドリンク:155B(550円)

レインボー系列なのでギャル系が揃っているが
レインボー2に比べてレベルは低く見えた。
最近レインボー系の店はがっついてくる嬢やおばちゃんが少ない気がする。

『SPANKEY’S』

S__9748483-1

レインボーに比べ、 ロリ系が揃っている。
綺麗というより可愛いタイ人が多い店で田舎から出てきた生娘が多い。
たまにおっぱい丸出しのままカウンターでくつろいでいる娘がいるのでちょっと面白い。

連れ出し料:600B(2000円)
2000~2500B(7000~9000円)

ロングは交渉次第で女の子による。

ドリンク:155B(550円)

レインボーの次にオススメなのがここ『スパンキース』
店に入る前にケツを叩かれるのだが全く痛くはないので臆することなく入店しよう。
他の店に比べがっついてくる女の子は少ない。

『PLAYSKOOL』

入る時間によって女の子の数がかなり変動する。
20時に入店した時に3人しか踊っていなかったこともある。
女の子のレベルはそこそこで言われているほど悪くはない。
店先に立っている呼び込みの娘は結構可愛い。

連れ出し料:600B(2000円)
2000~3000B(7000~9000円)

ロングは交渉次第で女の子による。

ドリンク:155B(550円)

女の子を席に着かせるとドリンクと連れ出し攻撃が始まる。
ゴーゴーバーではよくある風景だが
相手に連れ出す気がないと悟られると途端にやる気をなくしてしまい
あまり話さなくなってしまうので注意。

レインボー2などへ行く前に必ず通る場所にあるのですが、
いつも可愛い呼び込みの子が目で何か訴えてくるので入店してみましたが、
中にいる女の子の数が3人と非常に残念な思い出しかない。
入ったら入ったで「ドリンク頼め」や「早く連れ出せ」としつこく営業をかけてくるのだがそれを振り切るとダンスを眺めながら静かに飲める空間に早変わりする。