【タイ風俗】パタヤの立ちんぼに挑戦!

バンコクから数時間で行くことができるリゾート地で、
ここもまた世界各国から観光客が集まる場所である。

最近はバンコクよりパタヤの方が夜遊びが充実しているという話を聞く。
特にゴーゴーバーはナナプラザよりパタヤが良いと言われており、
パタヤに行ってみると週末はナナプラザやソイカウボーイより人が多く、
どの店にも客とゴーゴー嬢でひしめき合っていた。

客が多い所に女の子も集まってくるのは万国共通で、
盛り上がりだけならバンコクより熱いのがここパタヤだと思います。

雰囲気も少し昔のタイに近いものがあり相場も少し安い。
女の子のレベルもバンコクとさほど変わらないのでオススメだ。
しかし、人が多いので競争率も上がるのがデメリットのひとつになる。

まあ人の少ない時のソイカウボーイやナナプラザに比べれば店で遊ぶには楽しい
立ちんぼのレベルも高くゴーゴーバーで女の子を見つけられなくても、
通りには何人もの売春婦がいるので利用価値はある

オススメはベイウォークホテル周辺だ。
深夜遅くまで立っているのだが時間帯によって言い値が変わってくる。

早い時間だとショートで2000Bが相場だが、
遅い時間だとロングで2000Bから2500Bで遊ぶことができる。
ただし交渉次第。
最近はふっかけてくることが多いのでボラれるが嫌いな人はきちんと交渉しよう。大体値下げが出来る。

ナナ周辺にいる立ちんぼより少し歳も若く、友達同士で立っていることもあるので
交渉次第では3Pも可能なのだ。

一緒に居た日本人客が両肩にタイ人を抱えながらホテルに消えていった光景が今でも忘れられない。二人ともスタイルが良く、二人合わせて3000Bで交渉が成立していた。
あの光景を目にしてからパタヤの可能性はまだあると感じたので、
次回はパタヤ中心で回ってみようと考えている。

立ちんぼの場合、連絡先を交換しておくと次回遊ぶときに手間が省ける。
ゴーゴー嬢と違い店でお金を使わされる事もないので交換しておいたほうが良いだろう。
当たり前のことだがタイが安全だからといってセキュリティ面はしっかりしておこう。
財布等の貴重品は隠すなどのことはしておいたほうが良く、盗まれてしまうと言う話をよく聞く。

自己責任なので最低限の防衛策はとっておいたほうが後グサれなく思い出を作る事ができます。