【タイ風俗】フェラチオバーって何?【ピンサロ】

バンコクにピンサロがある。
『だからどうした!?』と言われそうだがこれが意外にハマってしまうので紹介したい。

バンコクでは『フェラチオバー』と呼ばれており、
酒を飲みながら口でしてもらうピンサロと思っていただければわかりやすいだろうか。
というか『そのままピンサロじゃないか!』と言われそうだが、一番の違いは店の明るさにある。

ピンサロにはあるまじき程の明るさで店内が賑わっている。
日本のピンサロの場合、席を通される時と退席する時に見えちゃう事がたまにあるが、
この店の場合オールオープンなのだ。

白人同士が真剣そうに話をしているが、
下ではしっかり抜いてもらっている最中なんて光景を見ると非常にシュールで面白い。

問題の女の子のレベルですが決して高いとは言えない。
当たり前ですが可愛い娘や綺麗な娘だったら初めっからゴーゴーバーで働いてますからね。平均レベルは中の下と言ったところでしょうか。
あとは個人の好みになりますね。

相場ですがどの店も大体700B程で遊べます。
バンコクの場合はパッポンに店が集中している。
ネットで調べた所どうやら他にもパタヤやフアヒンにも店があるようですね。
サクッと抜きたい人にはオススメです。

バンコクの場合、中途半端なマッサージと手コキで1000B取られる事が多いですが、
ここの場合はもう抜き!って事がわかりきってこの値段なので分かりやすい。

あとは利用したことはないが、一応店の奥には個室があり少しお金を支払えばそこも利用可能なようだ。

友達同士で行ってもし恥ずかしかったら利用した方が良いだろう。
だが、あえて利用しないほうが素敵な思い出になると思いますけどね。