【タイ風俗】チャイナタウンを調査してみたが••••••【ヤワラー】

バンコクにあるバックパッカーの聖地と言われるのがカオサンだ。

しかし、日本人の聖地がここチャイナタウンだった事は今では知る人は少ないだろう。
チャイナタウンからカオサンへ時代ともに移動していった聖地だが
昔からここは夜遊びスポットでもあった。

立ちんぼや置屋、MPまでなんでも揃っているここヤワラー地区の相場はかなり安く
日本人相手でもボッてくることはあまりない。

だが、
レベルはかなり低く、年齢層も上がる。いわば熟女好きのエリアと言える。
相場は300Bから700Bで部屋は安宿といった感じなので
カンボジアやラオスの置屋に比べたらかなりマシだと言える。

置屋や立ちんぼは昼から待機している。
道を歩いていると結構立っていたり座っていたりするのですぐにわかる。
あとは少し前に『冷気茶屋』と呼ばれる店がこの辺りには多くあったが
今では数店舗ほどしか残っていない。まあ置屋みたいなものだ。

基本、呼び込み=売春婦 なのでタイプじゃなければスルーしたほうが良い。
調査したときに『女の子いる?』と聞いたところ
『たくさんいる』と言われ、ついていったらそのおばさんが突然脱ぎ始めるという事件に巻き込まれた。

夜も調査に行きましたが平均年齢がほんの少しだけ落ちた気がします。
それでも30代から50代のタイ人女性が多いのでやはり熟女エリアだと思う。

そんな熟女エリアですが調査したときに見つけたMPが
結構良かったので紹介します。

『クレオパトラ』

IMG_9865

一律1200B(4500円)
飲み物:100B~(400円)
チップ:50B(200円)

バンコクのローカル向けマッサージパーラーなので
レベルは低くなるのだが、ポセイドンいるクラスと巡り合うこともあるのでレベルが低いとは一概に言えない。
しかし、歳はやや上なので金魚鉢ではきちんと確認しよう。
顔合わせで初めて気がつく顔のシワの多さにビビる事があるので注意しよう。

IMG_9856

日本人客が多く来るらしく日本語が話せる嬢も多い。
日本のソープと同じようなプレイ内容となるので、
ハマる客が続出しているようだ。
店は綺麗とは言えないが、最低限のものは揃っている。
バスタブも広く湯船の中でのプレイも可能だ。

bkk1

このレベルでこの価格なら正直言うことはない。
ただし嬢のチップ攻撃がしつこい場合があるのでそこだけ注意しておこう。

この価格でこのレベルならバンコクで一番利用価値のあるMPだと思います。
しかし、結構歳がいっていたり、よく見ると老けていたりするので気をつけよう。
またタイ人ローカル向けなので利用しているタイ人も多い上、最近日本人客も増えてきているので競争率は高い。