【玄人の】バンコクにある置屋ホテル【遊び】

定期的にバンコクに通っているとゴーゴーバーやMPに飽きてきたりしませんか?
酒を飲みながら姫を連れて帰ってはやってを繰り返すことに欲求が満たされないなんてことはありませんか?

話しか聞いたことがないだけだったり知らない人が仮に行ったとしたら
衝撃を受ける可能性が非常に高い場所。
タイローカル風俗の極みがこの『置屋ホテル』だ。

タイ風俗の歴史ある風俗なのだが、
今現在は安さを求めるか通常のタイ風俗に飽きてしまった猛者が通う場所になる。

調査前に色々と調べてみたがあまり悪い感じが取れなかったので期待しながら現地へ向かった。
今回調査したのは『ボーベーホテル』『シートンホテル』と呼ばれる所だ。
バンコク内では昔はいくつもあったようですが、今ではこの二つぐらいしか話を聞かない。

両方ともアクセスが悪い所も相まってか、日本人もあまり足を運ぶことは少ない。
本当に風俗猛者しか行かない場所なのだ。

まずはその値段の安さ。
『ボーベーホテル』は1発部屋代込みで500B〜600Bで遊ぶことができるのだ。
ローカル向けの場所でもあるので相応の値段なのだが、
部屋がかなり汚く、普段1000B以上のMPで遊んでいる人は少し引いてしまうレベル。
もちろん英語はほぼ通じない。

そして、何より平均年齢がかなり高くほとんどおばさんしかしない。
だが、かなりの嬢が待機しており中には20代の若くて可愛い娘も居ることがあるので
行ってみる価値はある。

システムは入り口付近から待合室まで多くの嬢が待機しているので、
気に入った嬢がいたら声をかけて部屋へ向かう。
先ほども言った通り部屋はかなり汚い。

また、
ここは昼間に行ったほうが若い娘は多い。
理由はその日に2、3回転したら夕方には皆んな帰ってしまうので
夜に行ってしまうとその日全く稼いでいない残念な嬢しかいない。
1回目の調査で何も知らず夜に行ってしまい酷い目にあった。

『シートンホテル』も同じシステムなのだが、『ボーベーホテル』に比べると部屋はかなり綺麗

しかし、
相場は1000Bから1500Bとだ高い設定がされている。
この値段ならローカルMPに行ったほうがマシだ。

嬢の容姿レベルもボーベーホテルに比べると少し高いくらいなので
あまり行く価値はないと判断して良いだろう。

安さだけでみたらバンコク1安い値段なので、
バンコク風俗に飽きた方も安さだけで遊ぶ方も行く価値はあるのではないでしょうか。