ボラカイ島の風俗情報

マニラで知り会った方が『ボラカイ島に行ってきた』と言うので
色々な情報を教えて貰った。

マニラからは飛行機でカティクランまで飛び、タクシーなどを使ってフェリー乗り場へ。
そこから船でボラカイ島へ向かう。

ボラカイ島はリゾート地で入島税が発生する。
会計の際にレシートを貰うのですが捨てずに持っていないと突然チェックされた時に面倒なことになるので気をつけたほうが良いそうだ。

ボラカイ島での夜遊びはディスコや置屋がメインになる。
ディスコは基本ナンパになるので気になった娘に声をかけていくシステムだ。
テーメーカフェやBLIXと同じで売春目的で結構集まってきている。

リゾートなので相場2000ペソから4000ペソ少し高めですが
売春目的以外の娘も利用しているので声をかけるときは注意したほうが良いとの事でした。
一緒に行った方が声をかけた娘が彼氏持ちでちょっとしたトラブルに巻き込まれたようです。

かなり可愛いフィリピン人だったようでガンガン酒を奢っていたら後から彼氏が登場し、
結局大事にはならなかったのですが結構な量の酒をおごらされたそうです。
今思えばあれは軽い美人局だったのでは••••••と語っていました。

海外の夜遊びでよくあるパターンの一つですが、一番タチが悪い。
ホテルに連れ帰っても貴重品だけ抜かれてドロンされるなんてこともよく聞く話なので、
貴重品の管理はきちんとしておこう。

ディスコは海沿いの道に数件あるようで、21時頃から客が集まり始める。
夕飯を食べた後に向かうのが良い。

あとはこの島にも置屋がある。

どの店も相場は2000ペソから3000ペソで連れ帰ることが可能ですが
レベルは高くなかったそうです。
しかし、ロリ系がかなり揃っていたようなのでそっちが好きな人には良いとも言っていた。
少し前に捕まった校長先生みたいになりたくない人はスルーしたほうが良いかもしれない。

リゾートとしては有名だが夜遊びはある意味穴場になるのだろう。