【タイ風俗】バンコクの遊び方〜1人旅編〜

S__17539112

バンコクで遊ぶ場合、1人で行くか2人以上で行くかで遊び方がだいぶ変わってくる。

何度かバンコクへ飛んでいますが、
周りの日本人を見ているとソロ(1人)で遊びに来ている人が多く見られた。

複数で遊びに来ている人も少なくはないのだが、
そう言う人達はゴーゴーバーでも雰囲気だけを味わうような感じの客が多く、

ナナプラザで仲良くなった女の子も
「グループで来ている日本人は女の子をあまり買ってくれない」と言っていた。

まあ当たり前だろう。
複数で来て女の子を持ち帰る客なんてあまりいない。

去年は一人で遊びに行く事が多かったので、
バンコクでも基本ソロで活動を行っていた。
しかし、普通の遊び方に限界が来てしまう。

例えばバンコクへ行くといつもと同じホテルに泊まり
いつものと同じナナプラザ→ソイカ→テーメーを梯子してホテルに帰る。

翌日はMPへ行き昼間は観光をして夜にはまたゴーゴーバー。
いくら遊びやすい国だからといって毎回こんな遊び方をしていれば飽きてしまう。

また、
初めてバンコクに行く人も同様だ。

良く知人に相談されるので
ソロでもうまく遊ぶ方法を紹介します。

【コンチア等の店員と仲良くなる】

ゴーゴーやMPに必ず居るのでチップや飲み物を奢ってあげると
割と簡単に仲良くなれるので見方に付けると良い。

特に何度もタイに行く人は必ず店員の友達を作っておいた方が捗ります。

例えばMP
日本人御用達MP「ポセイドン」や「ナタリー」だと
毎日日本人を相手にしているのでハードルは低い。

特にポセイドンはオススメで
1人コンチアと仲良くなったのだが、
彼の勧めてくるMP嬢にハズレなしです。

しかも
4000B級がいるこのポセイドンで
2500〜3000Bのタマダー級を勧めてくれるのだ。

また
MP以外にもゴーゴーバーでも仲良くなると
女の子が見やすい席やオススメの女の子を率先して連れて来てくれる。

MPに比べて当たりの確率は下がるのだが、
楽しく飲めます。

【素人系のタイ人と仲良くなる】

プロではなく素人と仲良くなってデートするのも面白いです。

タイでも日本人はかなり好かれているので
割と簡単にナンパが成功します。

普通のマッサージ屋や飲食店で働く女の子、
クラブに遊びに来ている娘など積極的に声をかけると良い。

声をかけるのが苦手な人は
以前紹介したアプリを使えば簡単に捕まります。

しかし
いきなりホテルに連れて帰ることは難しいので
最低でも2、3日は我慢する必要がある。

個人的にオススメなナンパスポットはカオサンだ。
バックパッカーの聖地なのでタイ人以外にもナンパが出来ますし、
酒が入っている娘が多いので割とすんなり持ち帰れます。

また、
タイの大学生が遊びに来ているのでそこを中心に声をかけていくのもありです。

とまあソロの基本は
「現地の人と仲良くなる」
ですね。