【タイ風俗】タニヤの日式カラオケに行った結果【最早ここは日本】

タニヤで2軒目を探していると
最初に声をかけられた店の呼び込みに再び呼び止められた。

並んでいる女の子を見ると
微妙に何人か入れ替わっており1人だけ好みの娘がいたので話を聞いてみることにした。

1時間飲み放題歌い放題で800B
ママは日本語が堪能でした。
入るときにきちんと確認しなかったのですが、
店の名前が思い出せない……。

エレベータで5階にある店です。

この店も自分以外に客は居なかった。
こんな状況でタニヤはやっていけるのか少し不安になる。

まあ基本的にゴーゴーとMPさえあれば良いのだが、
お口直し的に利用するタニヤが廃れると困る。
最悪ナンパさえすれば良いのだが、
ナンパはナンパで後が大変だし、面倒臭い

タイに行ったら必ずナンパをするが、
基本的にタイを出国した瞬間から一切連絡を取ることはない。
よほどのお気にが出来ない限りはない。

以前「そんな事してたらいつか刺されますよ」
と後輩に注意された事がある。

なので「それで死んだら所詮そこまでの男だ」
と謎の漢気を見せておいた。

店に入りとりあえず乾杯したが、
会話が一切進まない。

ついた娘が今日初めての出勤で
英語が少ししか話せないようだった。

持っていた指差し会話で
コミュニケーションを取るも盛り上がらず
ひたすら水割りを飲む。

1軒目のテンションから比較すると
考えられないくらい低い。

しかし
落ち着くにはちょうど良かった。

あまりにも盛り上がらない自分たちの席を見かねたのか、
別のタイ人の女の子が日本の曲を歌ってくれた。

日本語が話せないのに上手に歌っていた。
これには驚いた。

「お前も何か歌え」とママに言われたので
北酒場を入れるとちょうど日本人客2名が来店した。

ものすごくタイミングが悪い。

歌いきった頃には
いい感じにお客さんが盛り上がっていた。
完全にピエロである。

いたたまれなくなったので会計を済ませて店を出る。
800Bぴったりでした。
どうやらレディースドリンク1杯目はタダだったようで少しお得な感じがしたが、
やはりこういう店は1人で来る場所ではない。

一人なら一人でも楽しめる店に行かないとダメだなと反省しつつタニヤを後にしました。