【オーストリア風俗】ウィーンの風俗事情【美女揃い?】

FKKといえばドイツが有名なのだが、ここオーストリアも負けないくらい有名
正直質で言ったらドイツ以上?とも言われているほどなのだ。

相場は入場料60オイロから100オイロ、女の子は60オイロからとなっている。
ドイツに比べてスタイルが良いと評判なのだが、平均年齢が少し上がる
30代前半が多いようだが20代の娘も全くいないわけではない

システムは他のFKKと同じで入場料を支払い中に入る。
中に入ると同じ目的の客と女の子がうろうろしているので気に入った娘に話しかける。
女の子とは個室にてサービスを受ける。

店によって女の子の相場が決まっておりほとんどの店が60オイロとなっているが、
ずば抜けてスタイルがよかったり綺麗だったりすると少し値段が上がる事もある。

また、アルコール以外の飲み物や軽食は無料となっている。
マカオのサウナと同じような感じだ。

オーストラリアのFKKは爆乳が多いと有名らしくおっぱい星人ばかりが集まるようだ。
ドイツより少し相場も下がるので人気なのだが、日本人観光客はあまり利用している人は少ない。どちらかというとオーストリアやその近隣国に駐在している日本人は結構通っているようです。

FKKの良いところは
基本どんなプレイもできると言うところでしょうか。
ゴムさえしっかりつけていれば彼女たちはどんなサービスでも応えてくれる
また女の子のテクニックもの凄いと評判だ。

注意点は毛を剃っていかないとダメだということだ。
場所によってはOKと言う話を聞いたこともあるのだが、
ルールなので必ず剃っておきましょう

あとは英語が話せない娘が多いところだろう。
中学生英語程度なら伝わるのだが、トラブルの素になるので注意が必要だ。
簡単なドイツ語の日常会話ぐらいは頭に入れておくと良い。
常套手段だが『ドイツ語教えて』的なことを話しながら仲良くなる手もある。

仲良くなった方がサービスも良くなる傾向があるので
コミュニケーションをうまく取っていこう。

また女の子によっては営業をガンガンかけてくることがある。
しかし無下にあしらう事はせずにやんわりと断っていた方が、長く店で過ごせる。

店によって利用時間が決められているので確認は必ずしておこう。
自動延長がかかって延長料金を取られてしまう事もある。
と言っても利用者の延長して楽しんでいるの事の方が多い。

理由として入店時間によって女の子が少ないと言うことだ。
昼間に入っても女の子が居ないのでどうしても待ち時間が生まれてしまう。

オススメは夕方から夜にかけてだ。
週末は特に多いのだが客も多いので競争率は上がってしまうが、
回転率は早いので狙うならこの時間だろう。