カルフォルニアのサイトを利用した風俗ってどうなの?

アメリカでは州によって合法か非合法があるので、遊ぶ場合は注意しよう。

どの州にもエスコートサービスやMPがあるのだがどこにあるかが問題だ。

映画などではモーテルの周りに売春婦たちがウロウロしているイメージがあるのだが、

そんなものあまり見かけることはないのが現実だったりする。

会社の都合で良くカルフォルニアに行く上司から色々と話を聞いたので少しまとめてみた。

駐在員や出張する人がよく使うのが『Backpage』というサイトだ。

相場は100ドルから150ドルほどで基本はショートとなる。

利用方法はサイトに入ると幾つかの項目があり、その中にアダルトの項目があるのでそこを選ぶ。色々なものを売買出来るサイトになっておりその中に女の子が入っている。

地域ごとに細分化されているので自分のいる地域を選択して女の子を探すのですが、

写真がいい加減なので100%信用しない方が良いとの事。

以前利用した時にperfect bodyと書かれた娘を選んだ結果、

とんでもないダルマ体型が現れて、女の子に『嘘を書くな』と説教をしたようだ。

多少盛るのは営業に関わるので仕方のない事だが、明らかに盛り過ぎな女の子がほとんどなので

平均レベルが高くは無いようです。

連絡の取り方はメッセージを送って値段を確認します。

女の子のプロフィールにプレイ内容が書かれているのですが、

ここでも一応確認をしておいた方が良い。

また、何処でプレイするのかをここで決めます。

女の子の家に行くのか、自分の泊まっているホテルでするのかを確認しましょう。

ここの売春婦達はあくまで小遣い稼ぎ的な感じな為、プレイ自体は非常に淡白です。

終わったらすぐに帰っていく(or自分が出ていく)ので恋人プレイはあまり期待しない方が良い。

しかし、歳が若い娘も結構利用しているので夜遊びが少ないカルフォルニアではオススメの風俗となる。

カルフォルニアで本場のアメリカンを堪能出来るのは良いことだと思います。

稀にだがセレブの暇つぶしとしてスタイル抜群の方も利用している場合もある事なので

マメにチェックしておいた方が良いとの事です。