【勝って】ラスベガスの遊び方【買って】

『金集まるとことに美女あり』と言うことから
カジノのある場所には女が集まるのはどの国も同じだ。
そしてカジノといえばここラスベガスだろう。

ラスベガスはカジノで儲けているのでホテルは安い。
なのでカジノが併設されているホテルに泊まるのが良い。

チェックインしカジノへ向かう。
うろうろしていると金髪の女性が一人でうろうろしているのを見かけた。
しばらく見ていると色んな男性から声をかけられている。
目が合うとその女性はニコっと微笑むと奥へ消えて行った。

この後ルーレットで少しずつ手持ちを増やし、コツコツと地道に稼いだ結果、持ち金を3倍まで増やせた。600ドルまでいけば充分。あとは女をどう調達するかだ。

ラスベガスにも40〜100ドルぐらいで買える立ちんぼは居る。実際にそれらしく女達が確認出来た。しかし、合法ではないので捕まったら1000ドルの罰金
たまにだがどうやらおとり捜査もやっているのであまりリスクは背負い込みたくない。

外を歩いていると立ちんぼらしき方に何度か声をかけられたが、あまり綺麗ではなかった。
基本禁止されているはずなのですがやはり結構見かけますね。
あとはカジノ内でも何度か声をかけられましたが、外よりまだ綺麗な感じでした。

悶々としつつ部屋へ戻ろうとしているとホテルのボーイに声をかけられた。

「負けたの?」
「いや、一応勝ったよ」と伝えると「おめでとう」と握手を交わした。
「これで女が居れば最高なんだけどな」と言うとボーイはニコニコし始めた。

自分はボーイにいくらかのチップを払うと「最高の女を呼びましょう」と言い残し去って行った。
部屋に戻って待機する事30分。ドアのチャイムが鳴り響く。
ドアをあけるとそこには先ほどカジノでうろうろしていたあの女性が立っていた。

「どう?私じゃ駄目かしら?」
駄目ではない。駄目ではないが先ほどの残念な先入観が拭えないままなのであたふたする。

彼女は自分の耳元で「あなたと会うのは2回目だから500ドルでいいわよ」と囁いた。
覚えられている……。狙った獲物は逃さない的なやつだ。

しかし、このスタイルはヤバい。赤いドレスから見える胸と生足が半端ない。
そしてちょっと安くしてくれている事に感動を覚えたが相場が解らないんだな、これが。

まあカジノで勝ったからこれくらいなら余裕で払えるし、何より実質タダで抱けるようなもんだ。
「OK」と伝え彼女を部屋へ招き入れた。

500ドルを支払うと彼女は目の前で服を脱ぎ捨てた。
その行動にあっけ取られたがさらにアンダーヘアが無いのにもさらに衝撃を受けた。

ブロンドでパイパンとかAVでしか見た事の無かった自分は感動してしまった。
二人でシャワールームへ向かい彼女は一生懸命身体を洗ってくれた。

シャワールームで1発、その後2発と結局ショートで3発もしてしまった。
サービスは正直今まで行った風俗の中で一番良かったです。

安全面を考えてホテルのボーイに連れて来てもらうのが一番良さそうだ。