【インドネシア風俗】スラバヤの置屋に潜入してきた

スラバヤに到着して二日目

街をウロついてみるも綺麗な娘は大体ムスリム

うーん••••••声をかけるのは可能だが

後々非常に面倒くさそうな事になりそうなので

一旦様子を見つつ夜を待つ。

18時頃、昼間にチェックしておいた場所を丹念に探ると

『マッサージ?』と声をかけられる。

ビンゴ!

自分の嗅覚が鈍っていないことを確信した瞬間だ。

正直、場所も何も把握していない状態でスラバヤに来て

不安でしたがこうあっさり見つけられると結構嬉しい。

『マランの娘いる?』

「とりあえず見て」

『いや、マランじゃなきゃ嫌だ』

「OK 20万ルピア OK」

『ずいぶん安いな 安いからこそ何かありそう』

「心配するなブラザー ついて来い」

そんなやり取りをしてから結局ついて行く事に

マッサージ屋に入ると女性が7人ほど待機していた。

自分はメガネがないので顔がよく見えないハンデを背負っている。

自分の感だけを頼りにここまで来れたことを今では誇りに思う。

店の中が今までで一番暗いので最終手段をとることにする。

『この中で一番のオススメは誰だ?』

と聞いてみたところ紹介されたのが

Unknown-2

Rちゃん 26歳

26にしては若干老けて見えるが

他はオーバーエイジ枠状態らしいのでとりあえず即決

プレイもマッサージからのS○Xと

これで20万ルピアはかなり安いと思う。

今自分の宿泊している宿より安いもの。

Unknown-1

スタイル良くないけどいい仕事はしていました。