【シンガポール風俗】ゲイランの立ちんぼ エリアを探索してみた

ゲイランと言えば置屋が有名ですが、

置屋が閉まり始める深夜0時頃になると

ワラワラと売春婦達が集まり、立ちんぼエリアへと変貌を遂げる。

昼間に売春婦達が集まらないのは

置屋の店主が見かけ次第即通報するからだそうです。

まあ当たり前ですよね。

ゲイランの通りによって立ちんぼの国籍が変わってくるので

まずはその辺りをご紹介します。

IMG_2405.jpg

[ Lor24 ]

IMG_2401.jpg

IMG_2387.png

この辺りで一番多くの女の子が集まる場所の一つ。

国籍は様々だが一番多かったのはインドやインドネシア系。

相場も20〜50シンガポールドル(1800〜4600円)と安く遊べる。

[ Lor8 10 12 ]

IMG_2388.png

この辺りは中国系の立ちんぼが多く集まる場所で

相場も50〜100シンガポールドル(4600〜10000円)
「Lor24」に比べて少し上がる。

また
タイ人やベトナム人の立ちんぼもおり、

相場は50〜60シンガポールドル(4600〜5400円)と少し安い。

[ Lor16 ]

IMG_2390.png

道が暗くて初めは気がつかなかったが、

ここはLB専門の道だった……。

相場は30〜80シンガポールドル(2700〜7000円)

また
白人の立ちんぼやシンガポール人の立ちんぼもいるみたいなので

探してみようと思います。