【タイ風俗】ローカルだけど有名なスティサンに行ってみたが…

玄人向けに人気の有る『スティサン』
タイ語が解らないと全く楽しめないとの事だが
タイ語が話せる知り合いと一緒に行ってみました。

タクシーの中で『安いだけであまり楽しめないと思いますよ』
と言われたが、どんな感じなのかを知りたかったので
無理を言って連れて行ってもらいました。

まあベトナム、ミャンマー、中国のローカル系で遊んできたから
何とかなるだろうと思っていたが
そんな軽い気持ちを簡単に崩される事となる。

スティサンの有名な店「レインボー」に入店してみました。
22時頃でしたが客はそこそこ入っている。
女の子のレベルも悪くはなく、むしろ高いと思いました。

しかし
ナナやソイカなどのゴーゴー嬢と違い
女の子を指名しても100パーセント付いてくれるわけではない。

他に客が付いている場合は指名を拒否されるのだ。
そんな時は店員に頼んで女の子を呼んでもらう。

その後はみんなで酒を飲んだり食べたりすると言うものなので
いつも行くゴーゴーとはだいぶ違う。
中には英語が話せる娘もいるようだが
期待はしないほうが良い。

また
連れ出しも可能なのだが置屋とは違い
ある程度のコミュニケーションが必要となる。
これができないと辛いです。

1時間ほど楽しんで2人で1200B支払い店を出ました。
難易度はかなり高いですがタイ語が解る方には楽しめる店でした。

ちなみに
メニューの表記は全てタイ語でした。