【ベルギー風俗】欧州で遊ぶならブリュッセルの飾り窓が一番良い?【欧州風俗】

欧州風俗と言えばFKKか飾り窓で遊ぶのが一番だ。

飾り窓で一番気に入ったのがブリュッセルにある飾り窓。
ベルギー風俗の聖地とまでは呼ばれていないが
エロオヤジどもはにとってはブリュッセル北駅を目指す。
駅の目の前にありアクセスも良く分かりやすい。

S__20553730

線路沿いは白人やスパニッシュ系で少し離れた裏位置が黒人系や年上系がいる。

駅前の飾り窓は朝早くから営業しているが
黒人エリアはほとんど閉まっている。
行くなら暗くなってからだ。

朝からエロ目的でうろついている男どもウロウロしているが夜行くより危険な感じがしないので
明るい時間から行くのがオススメだ。
観光に行く前や帰国する前にサクッと1発済ませることができる。

夜は路上で博打を打っていたり
酔っ払いやいかにも悪そうな人たちがたむろっているので注意が必要です。

以前来た時に遊んだアルメニア出身の娘の店に行ったが、
見つからなかったので通りを一往復した後
目をつけていたマドンナを崩したような感じの女性のいる店へと向かった。

「50ユーロ」と合図をしていたので中に入る。
明るい時間で遊んだときは40ユーロだったので夜と昼で値段が違うようだ。

「どこ出身?」
「日本」
「good 私はポーランドよ」

いつものやり取りをしてお互い服を脱ぎ始める。
歳の割には胸に張りがあるなと思っていたら
案の定シリコンが注入されているようで硬い。

硬いおっぱいを触りまくっていると
「子どもみたい」と笑われる。

偽乳なんぞ好きではないが話に乗っかっておくことにした。

「おっぱいが好きだ」と言うと胸に顔を押し付けられた。しかし硬いからやはりダメだ。

自称おっぱいマイスターとしては
子持ちで育児を疲れした人妻が至高
あの柔らかさはたまらない。

ゴムをつけてバックから入れる。
突いている時に彼女が自分でケツを叩き始めたので自分もケツを叩くと
セイウチの様な声を出していた。

良くわからない東洋人にバックで突かれながらケツを叩かれて50ユーロもらって生計を立てているポーランド人に興奮を覚える。

最後はポジションを正常位に無理言って変えてもらいフィニッシュ。

店を出るときにフレンチキスをして店を出て行った。
出た時に地元人と思われる青年に「どうだった?」と聞かれる。

彼も自分と同様この飾り窓通りを往復してチェックをしていたのだろう。

「良かったよ」と伝えると決意を固めた趣で先ほどの店に入って行った。