【ドイツ風俗】ケルンのFKK「samyu」【欧州風俗】

ケルンにあるFKK「samyu」に行った。
FKKに行くつもりはなかったのだが丸一日空いてしまったので急遽遊びに行くことにした。

「samyu」以外だと「would」と言うFKKもあるようでどちらでもよかったのだが
「samyu」の方がよく客を乗せていくという運転手の一言でそっちへ行くことにした。

ドイツ語を専攻していた友人がいると本当に助かる。
「50ユーロ」を支払いバスローブ一式をもらってラウンジへ。
時間が少し早いせいか女の子10名客は3、4人くらい。
FKKにしては随分と落ち着いた感じですが女の子と目があうとすぐに駆け寄ってくる。

友人がルーマニア出身の娘と早々に消えていったので自分も早く選ばないといけないのだが
あまり良さそうな感じの娘が見つからない。

うろうろしていると
「私じゃだめ?」と水着からチラチラ乳首を見せてくる痴女が現れた。

綺麗な乳首に惚れ込んだ自分は50ユーロで交渉成立させて部屋へと向かう。

キスOKとのことだがタバコの味がした。
個人的には大丈夫なのだがダメな人はダメですよね。
日本のソープでも格安店や大衆店だと喫煙率が高いし、一見さん用にプロフに書いてもらえると助かる。

話を戻します。

「タッチはNGだけど舐めるのはOK」
と言われたのだがクンニはあまり好きではない。
たまに勢いでやることがあるのだが
彼女の綺麗なあそこを見ていたら「いける!」
と思い盛大に舐め回す。

その勢いに押されたのか声が部屋中に響いていた。だがこのままだと時間だけが過ぎてしまうので正常位ですぐに終わらせる。

ドイツのFKKはハズレがなくて好きです。