【シンガポール風俗】ゲイラン置屋のタイ人と中国人を比べてみた【ゲイラン】

宿泊先をゲイランにして色々と歩いてみることにした。

シンガポールは日差しが強く汗をダラダラ流しながら通りに向かうと
自分と同じようにエロ目的のおじさんたちが右往左往している。

この光景を見るとなんだか安心する。

仕事の途中なのかスーツ姿の方が多かった。
中国の置屋もこんな感じでしたね。
サクッと遊んで仕事に戻るのでしょうか。

途中呼び込みに
「日本人?女の子いるよ!」と声をかけられたので入店。

雛壇を見ると3人の女性が座っている。
いくらか聞くと「50ドル」と返ってきた。

どうやら全員タイ人でその中にやたら胸を強調してくる娘が居たので
その娘を選んで部屋へと向かう。

部屋は広くホットシャワーまで付いていた。
暑い中歩き回っていたのでこれは助かります。

女の子は25歳と少しケバかったがスタイルは良い。
しかし胸はがっちりシリコンが注入されていたので萎える。

一緒にシャワーを浴びてプレイを開始。
ゴムFからの正常位でキスはNG

部屋の環境は良くプレイ自体は悪くはないので
50ドルならありなのではと思う。

店を出て少し休憩をしてから2件目を探す。

呼び込みはいなかったがおじさんが店から出てきたのを見ていたので
そこに突撃する。

女の子は全員中国人で80ドルを提示された。
みんな細くモデル体型だった。

日本人好みの顔つきの娘なのでどの娘でも良かったが
赤いシャツを着た女の子をやたらと勧められたので選んでみることにした。

これが大きな間違いだった。

シャワーは一人で浴びさせられ、ベットへ向かうと
「早く入れろ」と言わんばかりの仕草をしている。

「まだ勃ってない」と伝えると怠そうに手コキを開始。

これがまた超雑でただ上下に動かしているだけ……
無理やり勃たせてゴムをつけて強引に突き発射。

これで15分80ドルだ。

まだ1件目のタイ人の店の方が良かったと後悔しながら店を出た。