【タイ風俗】タニヤの遊び方

日本人観光客だけではなく、駐在員達も足を運ぶことの多いタニヤは日本人街でもある。
日本語の看板が乱立し路上では日本語の呼び込みが多い。

『ゴーゴーバー』『MP』に続くバンコクの3大夜遊びにひとつ『日式カラオケ』
タニヤの夜遊びはこの『日式カラオケ』がメインとなる。

タニヤへ調査に行ってみたのだが、どの店も大勢のタニヤ嬢が出迎えてくれた。
路上でチェックをしていくのが少し新鮮だが慣れてくると面白い。
遠くから可愛い嬢を見つけると自然と小走りになってしまうくらいだ。

元々観光客目当てではなく駐在員御用達の場所の為、
日式カラオケ以外にも和食レストランや飲み屋が数多く並んでいる。

そんな日本人達を迎えてくれるのが『タニヤ嬢』だ。
タニヤで働いている女性を『タニヤ嬢』と呼ばれており
200m程の道を歩いてみるとどの店も10人くらいの『タニヤ嬢』が待機していた。

嬢のレベルはまちまちで年齢層も幅がある。
だが遊ぶには十分なのでゆっくり探してみると良いだろう。

タニヤでは店が乱立しており一つのビルに数件の店が入っていることが多いのでどの店に入ろうか迷ってしまう。
なので店の前で10人は顔見せで待機している気に入ったタニヤ嬢を見つけたら臆せず話しかけてみよう

近づくと笑顔からイヤラシイ顔まで様々な顔でこちらを見てくるので
好みの娘を選んで入店。日本語が話せる娘も多いのでここで確認はしておこう。

店は普通のスナックのような造りになっており、カラオケは日本の曲を歌うことができる。値段も1時間飲み放題で800B〜1000B
日本のキャバクラより安いので飲みながら楽しく過ごすことができ、
日本人向けの店なので嬢たちも日本人慣れしているので積極的にアピールをしてくる

遊び方はタニヤ嬢と店に入りカラオケで歌ったり話したりするだけなのだが、
時間が来ると店員やママが連れて帰るかどうかの確認を必ずしてくる。
しかしタニヤ嬢によっては連れて帰ることができない娘もいるのできちんと入店前に確認しておく必要がある。

また連れ出し可能な場合は店に連れ出し料が発生する。
どの店もだいたい600B程で嬢へのチップがショート2000B〜3000B
ロングが3500B〜5000Bとゴーゴーバーと値段は変わらない。

カラオケの場合だと店側から連れ出しコールがかかるので
連れて帰らない場合はその意思を伝えよう。
逆にスナックのような連れ出し不可の店の場合はどんなに気に入った嬢がいても
基本的にはNGなので注意しよう。

今回行った店では連れて帰ることが不可でしたが、連絡先を交換し後日デートする事が出来たので連れ出し不可でもトーク次第ではどうにかなるので攻めの姿勢が必要だ。

店から連れ出せたならそのままホテルへ向かうより、何処か別の場所で遊んだりご飯を食べてから向かった方がより一層楽しく夜を過ごせるのでオススメだ。

『【タイ風俗】タニヤの遊び方』へのコメント

  1. 名前:TURUMI 投稿日:2015/11/10(火) 20:33:48 ID:e92414588

    タニヤってあんまり面白くないよね