【ベトナム風俗】レタントン通りのエロマッサージ屋に行ってみた【ホーチミン】

韓国を経由して無事ホーチミンに到着したのは
てっぺんを少し回った位だった。

イミグレーションで待機列の解散を2回程くらい、
更に自分の前にいた女性が別の部屋に連れて行かれる場面に遭遇し3回目の移動でようやく入国出来た。

さっさとタクシーに乗り込みまずは空港周辺の置屋へ向かう。

運転手に地図を見せて行ってみたが、

image

閉まってますね。
昼頃から営業していると聞いていたのですが流石に1時を回ってしまうとダメなのかはたまたここはもう営業していないのか……再調査が必要だ。

ベトナムも中国と同じで大っぴらに営業が出来ないので
潰れては開き潰れては開きを繰り返している状態だ。

ここは安牌のレタントン通りに向かう事にした。

東屋さんへ向かうとこんな時間でもマッサージ屋が営業している。

image

マッサージ自体はかなり安いのだが
その後のスペシャルがベトナムらしからぬ値段を提示される。

手コキ 50ドル
フェラ 80ドル
本場 100〜200ドル

これが言い値だ。

ぶっちゃけると日本より高い。
手コキ50ドルとかふざけてるのかと。

マッサージ後に10万ドンのチップを渡して部屋を出ようとすると

「もう20ドルで良い」と言い出した。
手コキで20ドルかと思っていたが
本番を開始しだしたのでちょっと焦る。

上海での出来事が脳裏を掠めたが
本能に従い運命に抗ってみる。

結果は20ドル以外は取られなかったし
ガタイの良い叔父様も現れなかった。

正直そんなに若くはなさそうなので出来るだけ稼ぎたいのだろうか。
プレイ自体はおざなりでマッサージ込みで20分程で終了した。

マッサージ前にシャワーは浴びれたが
プレイ後は簡単な処理を済ませるとすぐ着替えて退出。

閉店時間だったようで追い出されるように外へ出された。時間に余裕があればプレイ後にシャワーも使えそうだ。

初戦からいきなりディスカウント出来たので良しとしておこう。

image