【マレーシア風俗】カオスな置屋ビル『ACE』【クアラルンプール】

ローカルにあたる有名な置屋ビルでPUDU駅から徒歩5分程

image

中国系が多いが雰囲気はカオス……
ジャカルタや河口と違った空気で久々に緊張した。

image

ペプシ片手に2階に登って行ったら仕切ってる兄ちゃん軽く怒られ

『下で飲んでもう一度来るよ』と伝えたらあっさり解放された。

ペプシを飲み干して再度挑戦。

image

客6割女の子4割といった所だろうか
レベルはまあTHEローカルと言った感じだ。

しかし
ドリルアイテム1号を使用すると視力が奪われるので毎回インファイトを要求される。

そんな中、ACEは金魚鉢パターンではないので自分から近づけるのはデカい。

ローカルのぶさいく共をダッキングとスウェーでかわしていると腕をがっちり掴まれる。

顔を見るとまあマシかな……といった感じの娘。
『70RM』と要求され相場であろう『40RM』と伝えたら『なら50RM』とキリの何とも良い数字。

相場を上げていたら申し訳ない。
場の雰囲気に呑まれチップの意味合いも込めて50RMで成立した。

image

2階から4階へ階段を使って上がり、そこからエレベーターを使用。

このエレベーターがまたえらい混み様だったがインド系の兄ちゃんがまたとんでもないぶさいくを連れていたので『お前正気か?』と言いたいのをグッと堪えていた。

エレベーター内で重量オーバーの警告音が鳴り響き、突如始まる女同士の闘い。

結局ぶさいくが捨て台詞を吐いてから降りて言った結果、エレベーター内の空気が最悪になる。

エレベーターを降りるとまずフロアの臭いがヤバい。
香港のピンポンマンションを3倍酷くした感じと言えば伝わるだろうか。

そして
各部屋の前にある鉄格子……毎回出入りするのに南京錠を開けて彼女達は入室するのか……。

image

中に入ると女の子が3人、インド系のおっさんが寛いでいた。
見た感じ客ではなさそうなのでいったいどう言う関係なのだろうか。

image

部屋は女の子の私物があり
ベッドはセミダブルでした。

聞いてみるとここは彼女の部屋らしい。

客はシャワーは使えない様で使用済みと思われるバスタオルで軽く拭かれる。

もうどうとでもなれ。

image

ゴムを装着されFから始まり、勃った所で正常位。
隣の部屋から住人の談笑する声が響き渡る中での正常位。
タイのボーベーや中国の河口よりある意味レベルは高いと言える(カオス的な意味で)。

客層もインド系がやや多かったし中華系もちらほら。
日本人探してみたけど見つからなかったです。

雰囲気からして非合法感満載なのであまりお勧めはできないが
この感じは少しクセになる。

プレイが終わった後は
ゴムをとってすぐに着替える。拭いてくれるとかそういうサービスはここにはない。

さっさと部屋を出て下に降りていくと今相手をしていた女の子が数秒で次の客を捕まえていた……。
すげぇな……商売たくましいというか。