【マレーシア風俗】持ち帰り可能なBEACH CLUB【クアラルンプール】

KLCCには白人や駐在員の遊び場としてBEACH CLUBとThai CLUBがある。

image

少し早い時間だったが18時半頃にBEACH CLUBへ入店して様子を伺ってみた。

ビールは
カールスバーグが16RM
コロナが30RM
6本のバケットで買うと1本分がタダになると言われたが
そんなに飲むつもりはないので遠慮しておく。

15分くらいカウンターに座り
ビールを飲みながら頭の上にいるサメを眺めていると女性が胸を押し付けてきた。

ここのシステムがいまいち理解出来ていないせいか
とりあえずドリンクをおごるとすぐ何処かに消えていった。
そしてまた戻ってきてお喋りを延々に続けた。

image

彼女はベトナムのダナン出身で24歳の子持ち
子供の歳を尋ねたら10歳だと……。

旦那もおり、単身出稼ぎでマレーシアに来たのが2ヶ月前と言っていた。

話を進めていくといよいよ交渉が始まった。

ショート 126RM 置屋の約3倍だ。

しきりに
『マッサージ』と言っていたからもしかしたらマカオパターンの予感。

※マカオパターンとは
マカオにいたフィリップの立ちんぼが
『1000で良い』と言ったので連れて帰ったらまさかのマッサージのみ
『本番なら1200追加しな』と言われる事案が発生した。

まあそんな事があったのもあり
実際提示されてる額も高いし、
『今日は飲むだけにしておく』と伝えると

LINEでは無く
We chatで連絡先を交換した。

久々に起動したな……中国人からいっぱいメッセージ着てるし。

見なかった事にしてしばらく話し込んだが
買わないと悟ったのか女の子は席を離れていきました。

それを機に自分も店を出た。

店の雰囲気は悪くはないのだが飲み物が馬鹿高い。
あと家族連れで来ている人もいたのでなんか変な感覚でした。
子供が遊んでいる後ろの席で女の子を口説く白人とか。

置屋、マッサージに比べたら女の子のレベルは少しマシになった感じだ。

しかし
ほとんどタイ人かベトナム人なので
何とも微妙な雰囲気でした。