【カンボジア風俗】69BARの女の子を持ち帰り【プノンペン】

18時くらいから店が開き始めるとポツポツと女の子が集まってくる。

少し明るい時間からチェックしてみたが早すぎてもダメなようだ。
出勤が早い娘もいるのだが可愛い娘を探すのであれば女の子が集まっている19時以降が良いと思った。

ビールを飲みながら時間を潰していると続々と女の子の出勤&白人の入店。
遊ばないとわかると女の子は新しいカモに集中していく。
非常にわかりやすいのだが、もう少し頑張って働いてほしい。

写真 2016-07-29 21 07 10

19時を過ぎてから目をつけていた69へ足を運ぶ。
店先で止まると腕を取られ、そのまま吸い込まれるように入店。

相変わらず始めは良いのだが見切りも早い。
一人お気に入りを付けると早々に散っていく。

カンボジアの店で遊ぶ時は特にレディードリンクを奢ったり
少額のチップを渡さなくても十分に遊べる。本当は渡した方が良いのだろうか……。

だが
その分、ビール代や持ち帰り代金が値上げしている。
店の家賃もかなり高騰しているようなので仕方がないことなのだが、
それでも他の国に比べると安いものだ。

これがバンコクと同じくらいの価格になったら
この街は壊滅するんだろうなあ。

この辺りのシステムはどこも一緒で
大体店に10ドル、女の子に50ドル前後で遊べる。もちろんショート。

ビアバーの女の子はあまりスレた感じはしなかった。
その上チップチップとしつこく言ってくることもあまりない。
やはりクメール人の性格なのだろうか、ダメとわかったら潔く引いてくれる。

写真 2016-07-29 7 21 54

ホテルに連れて帰ってからは中国人客の愚痴をひたすら聞く。
遊んだ後にそのまま金も払わず消える中国人客が多いらしい。
相変わらずですね。

その後シャワーを浴びてからベットでFからの本番。
生Fしてと頼んだらあっさりOKをもらう。
大きくなったところでインをするのだが、流れでノーヘルインとまでは行けませんでした。

もう少し勢いがあれば行けたような気もする。

終えた後に何故かロングを提案される。
正直ありだと思ったがまだ他の店も見たいので断ってから一緒に店の近くまで戻る。

トゥクトゥクではなくバイクで3ケツ
女の子を前に乗せてから運転中ずっとおっぱい揉んでました。
運転手は爆笑していましたがヤリ過ぎるとベトナムの二の舞になりそうなので
適度なところでやめておいた。