【ラオス風俗】ビエンチャンプラザで巨乳娘を抱く【ビエンチャン】

ビエンチャンに到着してからラオンダオ1.2やディスコやKTVのあるティハウ、街に点在しているマッサージ置屋をチェックして周った。

毎回流しのトゥクトゥクやタクシーを止めていると交通費の高いビエンチャンだとコスパが悪いので初めからタクシーをチャーターして回ってもらった。

ビエンチャンでは現在タクシー会社は1社しかなう、会社のタクシーはボロボロだ。
なので白タクの方が車も綺麗で乗り心地が良いです。

しかし
白タクはタクシーの看板をつけていないので解りにくい。
なのでホテル等で呼んでもらうと良い。

メーター式で初乗りは17000キップ
2時間くらいメーター回しっぱなしで20ドルくらいでした。
※キップでもドルでもOK。

どの店も大体ベトナムっ娘で見た目は若く見えるが凄い可愛いと言える娘は少ない。

ティハウに関しては終わっている感じが否めなかった。
中国人系の場所なのだが19時に出向いた時点で女の子の数が少なく、可愛くない癖に値段が高かった。

ボーイと少し話してから店を出る時に哀しい顔をされたが遊ぶ気にさせる位のレベルの女の子を用意して欲しい。

やはり事前情報通り高いだけの場所になっていた。

また
置屋も見に行ったが何処も1200〜1500Bと同じ値段でラオンダオ同様、炉利系も居るが正直可愛いとは言えない娘ばかりだった。

そんな話をビエンチャンの夜遊びを知り尽くした大先輩にしてみた所、
『ビエンチャンプラザが良い』と教えてくれた。

写真 2016-08-02 17 42 20

写真 2016-08-07 23 44 43

ビエンチャンプラザのすぐ下にあるマッサージ店で
マッサージ代が80000キップ
本番が400000キップ

女の子は若い娘で19歳
歳が上でも大体20代後半。

ここも殆どがベトナム人だった。

スクリーンショット 2016-08-03 00.56.02

しかし
ビエンチャンの置屋やKTVに比べると
割と可愛い娘が揃っていた。

ビエンチャンプラザに宿泊していると
夜であれば部屋まで来てくれる。

床にマットを敷いてあるタイプではなく、
診察ベッドなので初めは戸惑った。
このタイプは手コキのみのケースが多いのだが、きちんと本番をしてくれた。

また
サービスで身体を洗ってくれるだけではなく、髪の毛まで洗ってくれた。

暑いビエンチャンでは非常にありがたいサービスだ。

全裸になりマッサージを開始するが、
メインが置屋なのでマッサージ自体は非常に雑。

それでもカンボジアのシェムリアップにあるエロマッサージに比べたらだいぶマシ。

マッサージを30分程してもらうと
エロのお誘いがある。

言い値が女の子によって違うが
先ほども書いた通り40万キップ。
ドル払いも可能でお釣りもきちんとドルでくれる。
この辺りもカンボジアと違って評価される点だ。
問答無用でリエルを渡してくるクメール人も少しは見習って欲しい。

狭い診察台でまずは女の子が服を脱ぎ捨て生Fからスタート。
このタイプのエロマッサージで生はかなり新鮮。

流石にノーヘルでインは出来なかったが、
足繁く通うとイケそうな気もした。

スクリーンショット 2016-07-22 22.05.15

ゴムを付けて器用に跨がると騎乗位が始まる。
おっぱいの大きい娘を選んでみたが胸にキスマークを発見してしまい若干萎えてしまったので
診察台を降りて立ちバックで終わらせた。

終わった後はもう一度身体を洗ってもらい部屋を出る。

受付でお茶を出してくれるので涼しい部屋でまったりしていると日本人が来店してきた。

すかさず名刺を渡すとすごい笑っていた。
ありがとうございます。

このビエンチャンプラザのマッサージ屋で遊ぶのであれば
18時ぐらいに行くと良い。

女の子も揃っているので競争率はまだそんなに高くはなかったです。