中国 福州のKTV事情

日本の中国人スナックに良く行くことが多いのだが、
そこでふと気になったことがあった。
それは中国人スナックで働く女性のほとんどが『福建省福州』の出身だと言うことだ。

ネットで色々調べてみると福州は温泉で有名な街で、別名『男の街』とも呼ばれているようだ。
マッサージ置屋やKTV、クラブがあちこちにあり、そのほとんどがローカル価格で楽しめるという情報だった。

しかし、詳しい情報はあまり得ることができなかったので、
その中国人スナックで訪ねてみたところ『店はあるけど今は日本人が遊ぶような店は少ない』と言っていた。状況はあまり良くなさそうだが兎に角行って確認してみたかったので、
途中上海に寄ってから福州へ向かった。

空港から福州市内は50kmほど離れており、向かうにはバスかタクシーを利用する。

IMG_1662
空港を出てすぐにチケットカウンターがあるので福州駅行きのチケットを買う。

市内へはバスで1時間ほどで到着する。
駅を降りると市内を回るバスやタクシーがたくさんいるのでホテルが遠い人は利用しよう。

街を歩いてみると所々にKTVや小さなマッサージ屋やサウナが点在していた。
KTVは市内の晋安区の福新路に良さそうな店がいくつかあったので調査しに行ったのだが、
閉店していたり『日本人は入れない』と言われたりと調査にかなり難航した。

IMG_1666

仕方なく現地で仲良くなった中国人数名を引き連れてチャレンジした。
しかし、『持ち帰り、連絡先交換、抜き全てNG』と言われ、
ただただ中国人キャバで遊んだだけで終わってしまう。

ちなみに中国人数名で総額1200元で遊べたのでローカル価格でした。
女の子の特出して可愛い娘を見かけることはなくレベルは普通だった。

IMG_1858

可愛い娘は上海や北京、後は日本を目指すようです。
その所為か街には外国語学校がたくさんあった。
ここで勉強して日本へ行くために日夜頑張っているのだろう。

IMG_1765

街で大きな荷物を持った女の子に声をかけたところ
田舎から出てきてここで働きながら日本語を習い日本を目指すと言っていた。
少しむっちりして良い感じの娘だったので『日本に来たら連絡して』と連絡先を交換しておいた。

ちなみに中国ではLINEが利用できないのでWeChatを利用したほうが良い。
中国版のLINEのようなもので日本でも利用ができるので
現地の中国人と仲良くなるための必須アプリだ。

駐在員や仕事で福州に行く方が遊ぶKTVとしてホテル内にある店に通うことが多いようだ。
実際に街を歩いてみたところ、ホテル内にあるKTVはいくつか見かけた。

相場も自分の入ったKTVとほぼ同じで数名で利用しても大体1200元から1500元
持ち帰りは交渉次第だが500元から1000元程とのことだ。

IMG_1836

しかし、
営業している店はあまり見かけることはなかった。
1件だけサウナ、KTV、クラブの複合施設を見つけたが、
夜に足を運んでみた所電気は付いていなかった。
改装中なのかもしれないがネットで調べ電話をかけてみたがつながりませんでした。

IMG_1837

福州を調査したの中で一番良さそうな店だっただけに非常に残念だ。

調査したのが2015年6月なのでもしかしたら開店している可能性もある。
次回訪れた時も再度この店に行ってみたいと思う。